グリーンリーフ法律事務所の労働相談の特徴

・ 経営者の立場から労働相談を行っています。
・ 120社を超える顧問会社、90事務所を超える税理士などとのネットワークから、多くの労働相談を受けています。
・ 顧問会社などからの年間相談件数1300件(労働相談以外を含む)
・ 労働相談・事件処理は、労働集中チームの弁護士が行います。
・ 土曜・日曜・夜間も相談可
・ 埼玉県で25年以上の豊富な実績
・ 明確な弁護士費用とお見積書の提示
・ 分かりやすく、ていねい、スピーディーな対応

労働問題でお悩みの経営者の方へ

グリーンリーフ法律事務所は、120社を超える企業と顧問契約を結んでおり、また、税理士・社会保険労務士・行政書士・司法書士の方に会員になっていただいている、会員数90事務所以上のSネットを主宰しています。
これらの顧問会社および税理士など士業の方からは、毎日多くの相談が寄せられますが、昨今の経済情勢の中で、労働問題に関する相談が増えているように思います。

解雇無効、雇止め無効、残業代請求、セクハラ・パワハラによる損害賠償などの主張がされ、労働組合から団体交渉を求められたり、従業員が労働審判や訴訟を起こした場合、多くの経営者の方は途方に暮れてしまうのではないでしょうか。
労働問題では、争うことが必要な場合もありますし、妥協することが必要な場合もあります。多くの企業から相談を受ける中で、経営者の方の気持ちは理解しているつもりですので、労働問題が発生した場合は、ぜひ当事務所のご相談ください。

また、労働問題に限らず他の問題でもそうですが、事前にこのようなことをしておけば問題発生を防ぐことができた、あるいは問題が発生してももっと有利にことを進めることができたという場合も多いと思います。
この意味では、法律事務所と顧問契約をし、日常的に弁護士に相談できる体制を作っておくことは重要です。弁護士に相談するといっても、法律事務所に行って相談するというより、現在では、メールで相談することの方がずっと多いので、疑問があれば、その日あるいは次の日には回答を得ることが可能です。

労働集中チームの弁護士

労働問題の中身は様々であり、また、団体交渉、労働審判、労働訴訟に対応する場合にも、必要な知識、経験、ノウハウがあります。グリーンリーフ法律事務所では、労働問題を集中して扱う「労働集中チーム」を設け、労働問題の解決、処理を行っています。
まずは、親身になってお話を聞かせていただき、その上で、労働問題を解決する方法をお話しさせていただきます。

労使問題のご相談

労使問題のご相談は、埼玉県で25年以上の実績ある弁護士法人グリーンリーフ法律事務所まで
経営者労使相談