事案の概要
トラック運転手として勤務していた元従業員から未払残業代の請求がなされたとのご相談でした。
先方の主張は実際の勤務状況と異なる状況が確認できたため、交渉事件の代理人として受任しました。

交渉・審判の経緯
当初、先方の代理人と示談交渉を行っていましたが、金額面で折り合わず、先方は労働審判を申し立てました。
労働審判では労働時間、固定残業代制度の有効性等が争点となりましたが、トラックに設置されたデジタルタコグラフの記録及び労働契約書の内容等を根拠に当方の残業代計算の正当性を労働審判委員会に伝えました。

本事例の結末
未払残業代をまったく認めないとの結論には至りませんでしたが(代理人を立てて請求がされるような事案では未払残業代0円という結論は滅多にありません)、結果として150万円を支払う内容の調停が成立しました。

本事例から学ぶこと
残業代請求事件においては労働時間の正確な把握、雇用条件の具体的な説明及びそれを根拠づける資料の有無が結論に大きく影響します。
いざ従業員の方からの請求を受けるまでは管理が疎かになりがちな部分ですので、日頃から適切な管理を行うことが重要となります。